ユーザーが検索結果画面を見るブラウザー

上記の記事は、Net Applicationsが発表した2010年9月のブラウザーのシェアである。

あらためて表にまとめると、次のとおり

ブラウザー シェア
Internet Explorer 全体 60%
8 29%
7 10%
6 15.5%
Firefox 全体 23%
3.6.x 17%
Chrome 全体 8%
6 5%
Safari 全体 5%
Opera 全体 2.4%

まず、MicrosoftのIE(Internet Explorer)が、長期低落傾向にある。
OSにバンドル?されているため、XPとIE6も根強い。
Firefoxは、1/4ほどを占めている。あなどれない。
Chromeも、いつの間にか8%。Googleの侵略の賜物か。
Safariは、Macと、iPadやiPhoneも含めていると思われる。

参考:Browser market share

自サイト・ページの表示確認

一般的には、スモールビジネスのオーナーやウェブマスターは、ホームページビルダーとIEの組み合わせが多いようなので、商売として、お客さまがどのように見ているのか? せめてFirefoxやChromeでも表示確認するべきである。

Googleの「パーソナライズ検索」を無効にする

まず、Googleの「パーソナライズ検索」は、機能しないようにするべきである。

Googleで検索後、検索結果のリンクをクリックすると、パーソナライズ検索、カスタマイズされた検索結果が出されるようになる。クリックされたページがどんどん順位アップするのである。

商用サイトの側でもYahoo!のGoogle化のあとに、「Googleでは1ページ目なのに、なぜYahoo!では3ページ目なの?」とパーソナライズ検索とは知らずに泣き言を漏らしかねない。

ひょっとすると、今でもGoogleで順位がいいと、勘違いしている可能性もある。

よって、SEOをやっている側がカスタマイズ検索を使うのは、まずいことになる。

パーソナライズ検索結果 - Google アカウント ヘルプ

上記ページのリンク先をよく読むこと。

基本情報 : パーソナライズ検索結果 - Google アカウント ヘルプ

ログイン時のカスタマイズ: ログインしている場合、Google ではウェブ履歴に基づいて検索結果をカスタマイズします。

ログアウト時のカスタマイズ: ログインしていない場合、Google では Cookie を使用してブラウザにリンクされた過去の検索情報に基づいて、検索結果をカスタマイズします。

結局は、ログインしても・しなくても、パーソナライズ検索が働くってこと…

Firefoxを最強のSEOツールに

最近は、Googleから出向していた有力スタッフが引き上げたせいなのか、ポリシーや開発進捗がグダグダになっている感じだが、これだけアドオンが豊富でユーザーによるカスタマイズを受け付けるブラウザーは他にない。

これが、SEO者のメインブラウザーではなかろうか?

Google検索のアドレスに「&pws=0」を加えてパーソナライズ検索を無効に

そこで、Googleのパーソナライズ検索を無効にするために、下図のようにアドレス欄に「pws=0」のパラメータがつくようにする。

Google検索のパラメーターにpws=0をつける

 

GoogleツールバーのGoogle検索には「pws=0」のパラメータをつけることはできない。

よって、検索バーで工夫する。

Firefoxの検索バー

 

Add to Search BarOrganize Search Engines をインストール。

Google.co.jp を表示して、検索窓の中で右クリック。

Add to Search Barで新たにGoogleを追加

 

「サーチバーを追加」を選ぶ。

検索バーのアイコンをクリックして、検索バーの管理、を選択。

パーソナライズ検索を解除するには、追加したGoogleを選んでPropertiesから「pws=0」を追加。

Organize Search EnginesでGoogle検索のパラメーターにpws=0を加える

 

その他のFirefoxの検索バーカスタマイズ

あとは適当に、要るものを追加、要らないものを削除する。

google.co.jp と google.com でも検索結果がやや違うので、Google.com も検索バーに追加した方がいい。

検索エンジン(Amazonや楽天なども含む)サイトの検索窓に入れたキーワードと、Firefoxの検索バーのキーワードを同期するために、SearchBox Sync を追加。

ついでに、検索バーのキーワードを、表示したページでハイライトさせる SearchWP も。

これで、パーソナライズ検索を無効にしながら、Googleツールバーよりも使い勝手がよくなるはずである。

Firefoxのアドレスバー検索でも「pws=0」のパラメータ。I’m Feeling Lucky も無効に

ところでIE9のように、ブラウザーのアドレスバーでキーワード検索するのが、これからの主流になるかもしれない。

Firefoxのアドレスバー検索では、Googleを既定の検索エンジンにしていると、パーソナライズ検索だけでなく、I’m Feeling Lucky まで押しつけられる。

この両方を無効にするには、

  • アドレスバーに「about:config」と入力しエンター
  • フィルターに、keyword.URL
  • 値から、「&gfns=1」を削除
  • 「&pws=0」を追加

と進める。

この値には、「&sourceid=navclient」のような、ユーザーの検索行動を傍受する仕組みも埋め込まれているので、気持ち悪いパラメータは削除してみる。

あとは、どのブラウザーでもサービスでも、できるだけ情報をGoogleに送らないように、設定することをお勧めする。

リンク関係の便利なFirefoxアドオン

FirefoxでGoogle検索結果や、ページのリンクをクリックしないで、目当てのページを表示する方法。

ページのアンカーなしURLをダブルクリックで表示することができる テキストリンク (Text Link) がお勧め。

そのほか、選択範囲のリンクを開く「Snap Links Plus」や、ページ内の全リンクを別タブに表示する Link Gopher もある。

Google・Yahoo!検索の順位(番号)をつける

これは、検索すればいくらでも出てくる。

まず、Greasemonkey をインストール。

あとは、「Google 順位 Firefox」や、「Yahoo 順位 Firefox」などで探し求めて、Greasemonkey 用のJavaScriptをインストールする。

SEO塾お勧めのFirefoxアドオン

Googleのクラスタリング・アルゴリズムに対抗する手段のひとつに「IPアドレス分散」があると言われている。

FirefoxでそのサイトのIPアドレスを見るには、WorldIP が便利。

WorldIPでみるSEO塾サイトのIPアドレス

さらにSEO塾が、Google SEO一本化時代に必須と指定したい SEO Doctor

デフォルトでも凄いのだが、カスタマイズしてSEO最強ツールにグレードアップ。各調査項目をそれぞれ一気にタブで開いてくれる、便利きわまりないアドオンである。

一般ユーザーや他のSEO業者には使って欲しくない(笑)

メジャーキーワードで、1ページ目を目指す、1位を取るための、主に競合分析、クライアント・リサーチのツールである。

Google Chromeでパーソナライズ検索を無効にする

Google Chromeの場合は、アドレスバーでの検索が標準である。

Chromeでは、オプションから基本設定、検索、管理と進んで、検索エンジンを選んで編集する。

編集のURLがグレーアウトして操作できない場合は、新たに追加する。

URLには、最初のGoogleのグレーアウトした部分をコピーして、好きなように変更する。

Google Chromeのアドレスバー検索でパーソナライズ検索を無効に

最後に、この検索エンジンを既定にする。

Google Chromeで注意すること

ChromeはGoogle製ブラウザーであるということに注意しなければならない。

それほど悪いことをするわけではないのだが、ブラウジングがGoogleに筒抜けの可能性が否めない。

また、拡張機能も制限を受けているので、ブラウザーとしてもSEO用としても、使い勝手がいいものがほとんどない。

これは、Googleサービス専用とか、表示確認とか、そういった目的を絞って使うべきブラウザーであると思われる。

Sleipnirのメタ検索

Sleipnirは、IEエンジンで表示確認できること、複数のメタ検索ができること、これがSEOツールとしてのお勧めの理由である。

検索窓は、ツール → Sleipnirオプションから

Sleipnirのオプションから検索エンジンリストを編集

あるいは、Windows 7であれば、

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Fenrir & Co\Sleipnir\setting\Override

にある、2つのファイルを直接編集する。

  • SearchMenu.xml
  • SearchEngineList.xml

そして、たとえば下記3エンジンで一気に検索する。

  • www.google.co.jp
  • www.google.com
  • search.yahoo.co.jp

もちろん、Googleはco.jpもcomも、「pws=0」のパラメータつきであることは言うまでもない。

Yahoo!対策オンリーの時代は、調査URLを打ち込んで、日米サイトエクスプローラーとdepth=0の一気検索をやっていた。

今後も、Googleのペナルティを検知するには、パラメータをつけたり、複数のSERPを見る必要があるだろう。

連動連載

MarkeZine(マーケジン)にて連載

 

サイト内検索(by Googleカスタム検索)

カスタム検索

SEO塾のメールマガジン

有料メールマガジン:SEO覇道新書
月2回配信のメルマガでセミナー - アクセスアップ1000%
アクセスアップ1000% SEO覇道新書

まぐまぐ:SEOアクセスアップSEMオーダーアップSEO塾!
まぐまぐ!殿堂入り
2003年8月創刊、2005年8月まぐまぐ殿堂入り!「SEO」カテゴリーでナンバーワン!

ビジネスブログ成功の鉄則

MovableTypeテンプレートの『速効SEOブログ』は、ビジネスブログ。株式会社グリーンツリー提供
ビジネスブログはMovableType(MT)テンプレートの『速効SEOブログ』!

SEO塾プレミアム

seo対策に失敗したら、リカバリーはSEO塾の株式会社アルゴリズム
algorism.co.jp
株式会社アルゴリズムのSEO塾は、Yahoo!検索Googleエンジンの救世主

1円起業の社長ブログ

株式会社アルゴリズムを1円起業した社長ブログ。SEO会社の代表取締役の離職と起業の物語。
algorism.co.jp
資本金1円で株式会社を設立、中高年離職者のリベンジ起業による社長ブログ。

SEO塾のブログの集大成

(株)アルゴリズム運営のSEO関連ブログを大合併。失敗しないseo対策の実験と検証
SEOブログ総決算
SEO塾ブログを総まとめ

SEOテンプレート

SEOテンプレート×WordPressテーマ レスポンシブWebデザイン対応版
タブレットでもスマホでも、SEO×WPレスポンシブ 新発売!
SEOテンプレート×WordPressテーマ